logoyoko

▶お問い合わせ ▶サイトマップ

homelogo
report

合併浄化槽との相違点

地球が備えている自助浄化システムを環境に負荷をかけないでに蘇らせる技術です。
多くの浄化技術は、物理的な重力処理による固形処理や化学反応を用いた酸化還元処理、偏った微生物に汚染物質を分解させる生物処理など有害物質を物質ごとに様々な方法で除去してますが、除去しきれずに残渣として残ってしまいます。私たちの技術は、好気性と嫌気性細菌群を同一環境下で共生させ微生物の循環発酵を促し、汚泥の出ない浄化を可能にします。
汚染土壌や河川の有害物質をどこかに移動したり廃棄する必要がなく浄化水を散布するだけで浄化を行う環境に優しい技術です

ep04
reportp02
fig04
moniter
npoearthblue

Copyright (c) Sea Ray co.,ltd. All Right Reserved.

reportp01

・海上浄化研究船
・昔と現在の風景
・水質調査結果
・検査報告書
・放流前の状態
・実験海域の海底の風景
・実験海域の風景/自浄作用

実験海域での
浄化活動

・自助浄化システム復元済み水田
・津波被災水田とガレキの撤去、
 再耕作風景、再耕作後の土壌

・津波被災水田、田植え後の状況
・津波被害の田んぼに稲穂、
 除塩せずに米収穫

健康な土地が作る
健康な作物