logoyoko

▶お問い合わせ ▶サイトマップ

homelogo
report

汚染土壌浄化プラント

1 有機物、重金属、を含んだ汚染土壌(放射性物質含む)を調整槽に入れる。
2 土壌に含まれている汚染物質と常在菌(好気性細菌通性嫌気性細菌、嫌気性細菌
  を培養槽に移送、過密培養して浄化水を作る。
3 200倍に希釈して7日間散布後、2ヶ月間放置する。(坪当たり8.5)
4 汚染状態により3~4回繰り返す。

AU186
reportp02
ep63
moniter
npoearthblue

Copyright (c) Sea Ray co.,ltd. All Right Reserved.

reportp01

・海上浄化研究船
・昔と現在の風景
・水質調査結果
・検査報告書
・放流前の状態
・実験海域の海底の風景
・実験海域の風景/自浄作用

実験海域での
浄化活動

・自助浄化システム復元済み水田
・津波被災水田とガレキの撤去、
 再耕作風景、再耕作後の土壌

・津波被災水田、田植え後の状況
・津波被害の田んぼに稲穂、
 除塩せずに米収穫

健康な土地が作る
健康な作物